お世話になりました(in LA)③

f:id:hynm_hisashi_nakamura:20140604010256j:plain
最後の「お世話になりました」に登場するのは、今回家に泊めてくれた修一のルームメイトのハヤくん(写真左)。
修一の家は大きな一軒家のそれぞれの部屋をルームシェアしていて、いまは4つの部屋の住人が全て日本人でした。

夜は一緒に食事をしたりと楽しい面子ばかりだったんですが、特に話が面白かったのがハヤくんで、かなり濃厚なサーフィンバカのご様子。

いい波を求めるあまり少し前まではコスタリカに2年間住んでいたそう。
人間がダメになりそうだから帰ってきたと言ってたんですが、すっかり詳細を聞きそびれました。
っていうか人間がダメになるって、コスタリカってどんなとこなんでしょ。
f:id:hynm_hisashi_nakamura:20140604010328j:plain
そんなハヤくんが働いているのが、LAでもトップクラスの人気寿司屋の「SUSHI YUZU」。
f:id:hynm_hisashi_nakamura:20140604010342j:plain
その超人気店のメインシェフを務めるのがハヤくんで、有名アーティストやセレブなどが開催するパーティーにも寿司職人として呼ばれるほどの腕前と聞いたので早速行ってみることに。

家にいる時のゆる〜い雰囲気とは正反対の、凛々しさ全開の板前モードでお出迎えしてくれました。
f:id:hynm_hisashi_nakamura:20140604010530j:plain
f:id:hynm_hisashi_nakamura:20140604010552j:plain
f:id:hynm_hisashi_nakamura:20140604010609j:plain
f:id:hynm_hisashi_nakamura:20140604010634j:plain
f:id:hynm_hisashi_nakamura:20140604010650j:plain
f:id:hynm_hisashi_nakamura:20140604010707j:plain
日本で食べる寿司とはまた違ったフュージョン感が楽しく、どこかエンターテイメント性を感じるところがアメリカらしいな〜と思いました。

細かな味を伝えられるほどグルメではありませんので今回は控えますが、LAに行く機会がありましたらアメリカ式の寿司を楽しみに是非是非行ってみてください。

アメリカ人がご飯を食べに行く時に100%使っているという「yelp」でも、調べてみたらだいぶ高評価でしたよ!