今更気付いた共通点。

前回のブログ、B印 YOSHIDA Eコマース担当のマキノの更新から

かなりの期間が空いてしまいました・・・

 

そんな久々の更新を担当するのは、マキノからバトンを受け継いだ
B印 YOSHIDAショップスタッフ、私ハラコーです。

 

そんな私が今回ブログにてご紹介するのは、私の私物である

WACKO MARIAのアロハシャツ&アロハパンツです。

 

f:id:hynm_hisashi_nakamura:20150625223751j:plain

B印 YOSHIDAのショップスタッッフになる前から(おそらく18歳の頃)、

WACKO MARIAの「女・音楽・酒・ハット」をメインコンセプトに惹かれ

現在に至るまで大好きなブランドの一つでもあります。

 

その他のコンセプトの要素に、サッカー、南米、映画などが含まれますが自分自身、

幼少時から高校卒業時までサッカーに夢中になっていたことも、このブランドの

世界観に魅せられた理由なんだと思います。

 

そんなWACKO MARIAとB印 YOSHIDAでは、ブランド発足当初からお付き合いをさせていただいており、その長きに渡る関係は今年で早くも10数年になろうとしています。
B印 YOSHIDAも来年で13周年を迎えますが、そのうちの殆どをWACKO MARIAと共に歩んできたと言っても過言ではありません。

これまでを振り返ってみると、“WACKO MARIA”を語る上で欠かせない存在と言えば、「HAT」を頭に浮かべる方も多いのではないでしょうか?

何を隠そう、このB印 YOSHIDAがWACKO MARIAのHATを初めて展開した、取扱店舗なのです。我々スタッフにとっても大変思い入れのあるアイテムなのです。

しかし、今回紹介するのは、しつこいようですがアロハシャツ&アロハパンツなのです‼︎笑
(B印YOSHIDAでWACKO MARIAのアパレルのお取り扱いはございませんのでご了承下さい。)

 

では早速、私が一目惚れして購入した過去のいかした名品達をご紹介します。

まずは、、、

f:id:hynm_hisashi_nakamura:20150625223930j:plain


こちらは確か2012SSにリリースされた「Paradise City Hawaiian Shirt」という、

何ともワコマリアらしいアロハ。

ナイスバディーのお姉さんとハイビスカスがまず視界に飛び込んできます。

これを毎年夏になればクローゼットの奥から引っ張り出し、

一人このアロハを見つめながら「今年もその季節が来たか」と心の中で呟いております。

f:id:hynm_hisashi_nakamura:20150625224038j:plain

24版からなる手の込んだオリジナル柄のアロハショーツで、プリント工場にもう 2度とやりません。

とまで言われる幻の1着という噂も。

派手すぎて今年はまだ一度しか着用していません。笑

 

続いて、

f:id:hynm_hisashi_nakamura:20150625223813j:plain

こちらは2011SSにリリースのアロハパンツ。

ブラックボディーにホワイトでセクシーポーズの姿の女性が散りばめられているインパクト大なアロハショーツ。

f:id:hynm_hisashi_nakamura:20150625223747j:plain

やはりこちらもなかなかのパンチですね。

セクシーポーズの過激さが他のブランドとは一線を画しています。

 

セットアップでの購入も検討しましたが、その当時は勇気がなく諦めたことを

今でも鮮明に覚えています(今では悔やんでます)。

 

そんなことはさておき、まだまだいきます。

f:id:hynm_hisashi_nakamura:20150625224007j:plain


2014FWリリースのこちらは、歴代のロックンローラーをモチーフにしワコマリアの感性でグラフィックに落とし込んだ長袖アロハシャツ。

 

f:id:hynm_hisashi_nakamura:20150625224006j:plain

エルビスプレスリーの姿も確認できます。

これまた、ワコマリアらしいルーディさと遊び心を思う存分楽しめる一着に一目惚れ。

このアロハが個人的には一番のお気に入り。

 

そして、今シーズン新たに調達した

f:id:hynm_hisashi_nakamura:20150625224017j:plain

こちらのアロハ。

この「WACKO MARIA×JIM JARMUSCH」 シリーズのリリースは

各社雑誌やWEBマガジンなどで大きく取り上げられたのは記憶に新しいです。

 

ジムジャームッシュ氏の説明も少ししておきます。

アメリカのインディペンデント界最大の巨匠と呼ばれる映画監督、JIM JARMUSCH ( ジム・ジャームッシュ)。

映画はもちろん、ファッション業界にも大きな影響を与え続けるこの巨匠と今回WACKO MARIAはオフィシャルでコラボレーションを果たしました。

f:id:hynm_hisashi_nakamura:20150625224045j:plain

このアロハにプリントされているのは、

1980年公開、彼の卒業制作の作品でありながら話題を呼んだ

「Permanent Vacation(パーマネント・バケーション)」。

その映画の中のワンシーンで出てくるダンス姿を切り抜き、

そのままプリントしてるという、なんともカッコイイ1着。

 

数点ご紹介してきましたが、今日のブログのタイトルの

「今更気付いた共通点」に皆さまお気付きですか?

 

そうです。
兎にも角にも私ハラコーはWACKO MARIAのアロハシャツのデザインは数多くありますが、

その中でも「人」をモチーフにがデザインされているものに異様な程の執着があるということが、今回このブログを書いている時に気づきました。

 

これからもWACKO MARIAから発売するアロハシャツは目が離せません。

特に人がモチーフになっている物はよだれを垂らして待っています。笑

 

そして現在B印 YOSHIDAでは、

"WACKO MARIA×B印 YOSHIDA"PORTER MADE COLLECTIONを絶賛発売中なのです。

f:id:hynm_hisashi_nakamura:20150626004500j:plain

WACKO MARIAファンの皆さま‼︎
このシリーズも毎度のことながら必見です。

 

冒頭でもご紹介しましたが、長年に渡るお付き合いだからこそ実現できる

このシリーズ。

詳しくはこちらのB印 YOSHIDAのオフィシャルブログから詳細ご覧ください。

 

ではでは。